logo

ご利用イメージ

AppPot IoTは
モノからデータを収集する」「分析する」「見る活用する)」を提供します。
クラウド利用も自社サーバーに構築も可能なIoT Kitです。

  • 1

    様々な機器からセンサーデータなどを収集

    位置情報や加速度など
  • 顧客が持っている機器・設備からセンサーデータや、使用状況の情報を収集

  • 分析基盤
  • 2

    得られた生データからビジネス的に意味のあるデータを抽出

  • 顧客と顧客が持っている機器・設備のデータを関連付ける。
    特定の条件でアラートを上げる。

  • 3

    PC&モバイルからデータの利用

  • 営業、サポートが顧客情報と一緒に、現在の機器・設備の状況を確認する。故障や劣化を検知して、適切な提案・サポートを顧客に対して行う。

AppPot IoTのつのポイント

POINT 1 すぐに開発・運用を始められるIoT Kit

センサーなどの機器からのデータ受け取りから、データ分析基盤への連携、モバイルアプリや、Webアプリからのデータ活用まで、これまで専門家に依頼しなければ構築できなかったIoTプラットフォームをクラウドサービスでも、自社環境への構築でも簡単に始められます。


POINT 2 IoTデータをモバイルアプリから活用するための豊富な機能

ユーザーの認証、データへのアクセスAPIなどモバイルアプリや、Webアプリから機器から収集したデータを利用するための機能を提供します。iOS/Android/Javascript用SDKを使用し、簡単にアプリの画面からデータにアクセスできます。


POINT 3 さまざまな分析基盤に対応

機器から得られた大量のデータからビジネスに意味のあるデータを抽出する必要があります。RDBMS、AWSRedshift.Hadoopなど企業で使用されるさまざまな分析基盤への連携に対応します。企業のこれまでの資産やノウハウを活かせます。

機能一覧

機器認可・管理

接続機器に対して認可のチェック接続機器一覧の参照

MQTT ブローカー

軽量なMQTTプロトコルを使用して、機器から送信されたメッセージを受信

分析基盤アダプタ

分析基盤への機器データの転送

ユーザー管理 認証

アプリを利用するユーザーを管理するための管理画面と ユーザーの認証

データサービス

サーバープログラムの開発なしに、データベースの作成、データのアクセス機能を提供 写真などのバイナリファイルにも対応

他システム連携

Oracle DBなどの他のシステムのデータベースや既存のWebサービスとの連携

他認証基盤連携

Active Drectory、LDAP、Google Oauthとの連携したユーザーの認証

Push通知・ Eメール

Push通知やEメールを使ってメッセージを送信

上記の機能がサーバープログラムの開発なしにすぐに使用することができます。

AppPot IoTご利用価格

AppPot IoT価格

AppPotとAppPot IoTを両方ご購入頂くお客様向けのパッケージプランです。

パック料金

  • 一括型

    1,500,000円 (税別)

  • サブスクリプション型/月額費用

    120,000円 (税別)

パッケージ構成

  • 1. AppPot 1 Core
  • 2. AppPot IoTオプション 2Core

※パッケージプランではユーザー/デバイス単位のライセンスは取り扱っておりません。

※AppPotとAppPot IoTはそれぞれ別々のサーバーにインストールする事が可能です。

※サブスクリプション型の最小契約期間は、12ヵ月となります。

※保守費用は定価の20%となります。

IoT機能のみのライセンス


  • ▶ 接続デバイスライセンス
    一括型:30,000円(税別)
    サブスクリプション型/月額費用:2,400円(税別)
    ※App Pot Iotに接続している特定のデバイスが対象。最小5デバイスから。

  • ▶ CPUコアライセンス
    一括型:300,000円(税別)
    サブスクリプション型/月額費用:24,000円(税別)
    ※App Pot IotをインストールするサーバのCPUコア数

AppPot IoTと他サービスとの比較

各社クラウドベンダーのIoTサービスは複数サービスのインテグレーションが必須!!
(AzureやGCPを利用する場合も同様)

AppPot IoTを利用すると初めからIoT向けに統合された
オールインワンサービスを提供します。

役割 AppPot IoT Amazon AWSの場合 IoT専用パッケージ
データ収集 AppPot IoT AWS IoT IoT専用パッケージが提供
デバイス認可 AWS Lambda
データストリーム Amazon Kinesis
データ転送 AWS Lambda or ETLツール onEC2
認証 既定の機能以外は
カスタマイズに費用がかかる
データアクセス EC2上に自分でつくる 既定の機能以外は
カスタマイズに費用がかかる
画面UI AppPotのAPIを使っ
て簡単に
開発
EC2上に自分でつくる 既定の機能以外は
カスタマイズに費用がかかる
分析基盤 任意の分析基盤(例:Amazon Redshift) AWSの分析基盤(例 :Redshift) 既定の機能以外は
カスタマイズに費用がかかる

任意のサーバーにZipファイルを解凍し設定ファイルを変更するだけでセットアップ完了

IoT検証パッケージの流れ

IoT検証プロジェクトの計画支援から、実際に動作するプロトタイプ、
結果の評価までを含んだコンサルティングと、AppPot IoTライセンスのパッケージです。

  • お問い合せ

  • 検証プランニング

    ・検証する課題を定義
    ・検証方法を定義し、タスクの洗い出しと     計画を行います

  • プロトタイプ

    AppPot IoTの設定、ユーザーが利用する画面の開発はNCDCにて行います

    お客様の機器・設備を利用する場合、お客様側で開発が発生する可能性があります

  • 検証実施

    プロトタイプを用いて 検証を行います

  • 結果の評価 次ステップの プランニング

    検証から得られた結果 を分析し、評価を支援します。

3ヶ月間(500万円程度)

コンサルティング、開発、AppPot IoTライセンス
(①AppPot 1 Core、
②AppPot IoTオプション 2Core)を含む